朝のルテイン&プラセンタの500円モニターの効果と口コミ

目のストレッチと目を鍛えると疲れづらくなる!

目のストレッチと目を鍛える方法を解説しています。

 

朝のルテイン&プラセンタを飲むことで、私の目の痛みはなくなります。
ですが、仕事で長時間パソコンを使い目を酷使しますから、目はどうしても痛くなってしまいます。

 

簡単に目の痛み、目の疲れを少し軽く改善できる方法がありますので、
朝のルテイン&プラセンタと併用することで、大切な目を守る方法を解説します。

 

なぜ、目が痛くなる?

そもそも、どうして目が痛くなるのかを知ることで、改善ができます。

 

ピントを合わせる役割をもつ、毛様体筋
この筋肉が緊張、緩むことでピントを合わせてくれます。
遠くを見るのはラクでも、近くを見る時には筋肉を使うので疲れます

 

この毛様体筋の衰えが老眼
この毛様体筋のコリがスマホ老眼

 

目の衰えには目を鍛えます。
目のコリにはストレッチが有効です。

 

目のストレッチ方法とは?

まず。目のストレッチの方法を解説します。
老眼鏡2.0
100均で売っている老眼鏡+2.0をかけて、手元ではなく少し離れたテレビなどを見ます。
この時ピンボケ状態となります。
その状態で、5分間ほどピンボケのままテレビをぼーっと見るだけです。
この時にピントを合わせようとはせず、ぼんやりとピンボケ状態を楽しみます。

 

このピンボケ状態が、毛様体筋のストレッチになります。

 

この状態が目にとっては、目をつぶるよりもリラックスできるようです。

 

私は、パソコンをやっていて1時間ほどで目が痛くなってきたかな?と思ったら
すぐに老眼鏡でストレッチを5分間程やっています。

 

五分後に老眼鏡を外すと目の痛みが少し和らいでいることに気づきます
パソコンの画面も見えやすくなっています。

 

必要なのは100均の【老眼鏡+2.0】と【5分間】だけです。

 

お試しください!

 

目を鍛える方法

目の衰えには目を鍛えます。

 

目の筋肉のストレッチができるなら、鍛えることもできます!

 

これも、簡単でお金もかかりません。

 

時間も1分間くらいです。
ただ、毎日続けた方がいいです。

 

このやり方は、以前テレビで紹介されていました。
見て以来続けています。

 

ある小学校では毎日とあるエクササイズを毎日やっている
そのエクササイズのおかげで、その学校でメガネをかけている児童は一人もいないという。

 

近くにピントを合わせる
ピントが合ったら遠くを見る
遠くにピントが合ったら、近くにピントを合わせる

 

を繰り返すエクササイズです。

 

やり方は、目の前に自分の手のひらを持ってきます。
指先の指紋がはっきりと見える位置に持ってきます。
指先の指紋にピントが合ったら、手はそのまま動かさずに遠くをみます。
2,3メートル先のカレンダーの数字をみるのがオススメです。

 

近く、遠く、近く、遠くとピントを交互に合わせるだけです。

 

1秒間に2回くらいできるでしょうか。
これを30秒から1分間やります。

 

続けることで、視力が少し回復してきます。
カレンダーの文字が見えなかったのが、見えてくるようになりました。

 

目のストレッチと、目を鍛える方法
そして、朝のルテイン&プラセンタがあれば、目の悩みのほとんどは解決できるかもしれません。

 

ストレッチも鍛えるにもお金はかかりませんので、是非お試しください。

 

トップページへ

page top